【ホワイトデーで開運】3月14日はホワイトデー!大切な人に贈りたい縁起のいいお菓子3つ

スポンサーリンク
ホワイトデー 季節の行事
スポンサーリンク

 3月14日はホワイトデー。ここ数年、誰かと直接会う機会は減ってしまったものの、バレンタインにちょっと頑張った人は、密かに期待しているのではないでしょうか。また異性に限らず、同性の友人や家族などへのお返しを考えている人も多いでしょう。
 ただ、バレンタインデーにはチョコレートを贈るのが定番ですが、「ホワイトデーにはコレ」というものが決まっていないため、何を贈ればいいかわからないという人もいるはず。

 今回はそんなホワイトデーの由来と、贈る人も贈られる人も運気が上がる、縁起のいいお菓子を3つ紹介します。

ホワイトデーとは

 2月14日のバレンタインデーにチョコレートをもらった男性が、女性にお返しとして贈り物をする日です。品物はチョコレートやクッキーなどのお菓子、アクセサリーやハンカチなどの小物が一般的とされています。
 贈る日が1ヶ月後の3月14日なのは、兵士の自由恋愛を禁止したヴァレンティヌス司祭が2月14日(後のバレンタインデー)に処刑され、その1ヶ月後に兵士と恋人が改めて愛を誓い、結婚したからと言われています。

 また、古代ローマ発祥のバレンタインデーとは異なり、ホワイトデーは日本で始まったイベントです。最初は、お菓子業界がバレンタインのお返しをする日として「マシュマロデー」「キャンディーの日」などを提唱し、キャンディーやクッキー、マシュマロなどをPRしていましたが、1980年に全国飴菓子工業協同組合が3月14日を「ホワイトデー」と命名したのを機に、だんだんと定着していったとのこと。
 日本に根付いている「何かをいただいたらお返しをする」という習慣から、ホワイトデーが広まったと言えるでしょう。

贈る人も贈られる人も運気アップする、縁起のいいお菓子3つ

開運のお菓子1.バウムクーヘン

 「バウムクーヘン」の日本語訳は「木のケーキ」。その名の通り、木の年輪のように生地が何十にも重なっているお菓子です。このいくつもの層が「幸せが重なる」という意味を表すことから、結婚式の引き出物などにもよく選ばれています。

 結婚に限らず、「この人とは長く付き合っていきたい」という人がいるならば、その気持ちを込めてバームクーヘンを贈るといいでしょう。

開運のお菓子2.マドレーヌ

 貝の形をした焼き菓子であるマドレーヌ。貝は2つの殻がぴったり合わさっていることから、日本では昔から夫婦和合や円満な関係の象徴とされ、縁起のいい食べ物とされてきました。
 恋愛運やパートナー運を上げてくれるので、「もっと親密な関係になりたい」「いつまでも円満な仲でいたい」という異性に贈りましょう。

開運のお菓子3.チョコレート

 ホワイトデーにバレンタインデーと同じチョコレートをお返しするのは、一説では「あなたの気持ちは受け取れない」というネガティブな意味があるとのこと。でもその一方で、「あなたと同じ気持ちです」という意味を表すこともあるようです。
 誤解を受けないためにも、本命の異性にお返しとして渡すのは避けた方がいいかもしれませんが、同性同士や気軽なお礼にはオススメです。

 チョコレートの原料であるカカオは対人運を上げてくれます。チョコレートを贈れば、親しみやすさが増して人間関係がスムーズになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました