スポンサーリンク

【1月の旬食材】季節のものを食べて開運しよう! 冬に美味しいダイコンは金運アップ&浄化効果アリ

大根 開運フード

【開運】1月の旬食材

「旬(しゅん)」とは

 四季がはっきりと分かれている日本には、食べ物に「旬(しゅん)」があります。旬はその食材によって異なりますが、自然の中で野菜や果物などの作物を収穫したり、魚がたくさんとれたりする時期です。収穫量が多いので通常と比べて安価になりますし、栄養価の高い美味しいものが手に入りやすくなります。

 旬の食材にはその季節に身体が必要とする成分を満たしているものが多く、食べることで健康の維持にも役立ちます。日本人が昔から旬のものを食べる習慣を大事にしてきたのは「安い、美味しい、健康にいい」ということが大きいでしょう。

なぜ「旬」のものを食べると開運できるの?

 風水では、運は「変化により生まれるもの」とされます。同じように、毎日の食事に旬を取り入れて変化を与えることで、豊かさや楽しみという「ゆとり」が生じ、運気が上がっていくのです。そのため、毎日同じものばかり食べるのは風水的にはNGとなります。
 また、旬の時期は食材がいちばんいい状態で収穫されるので、栄養価とともに食材のエネルギーも最高になっています。その食材の栄養と運気の両方を、ほぼマックスの状態で取り入れることができるのです。

1月に食べたい! オススメ旬食材は「ダイコン」

ダイコンってどんな食材?

 古事記にもその記載がある、日本人と馴染みが深いダイコン。春の七草「スズシロ」はダイコンのこと。
 春ダイコン、夏ダイコンも美味しいですが、甘みが出てくる冬ダイコンは格別です。
 消化酵素がたっぷり含まれていて、生で食べるとその効果を実感できるでしょう。食あたりを退けるところから、健康運アップも期待できます。

大根で金運アップ

 白くて辛味のあるダイコンは、金行の食材。金運パワーがたくさん詰まった、冬の旬野菜です。食べ方としては、辛味を感じることができる大根おろしやサラダがいいでしょう。
 特にオススメなのが、輪切りにして食べること。円は金行の形であり、お金の循環を象徴する形です。薄く輪切りにして、サラダにしていただきましょう。

魔除けのダイコン

 「白」は浄化の色。真っ白なダイコンは、邪悪なものを吸収し、浄化してくれる開運食材です。嫌なことがあったとき、なんだかモヤモヤするとき、ダイコンを食べればスッキリ! 体の中からキレイになれる、開運のお野菜なのです。
 「消化を助けてくれる」という現実的な働きもありますので、冷蔵庫に常備しておくと便利です。

タイトルとURLをコピーしました