スポンサーリンク

【月の守護天使】 天使ハナエルが教える~12月を過ごすあなたの願いをかなえる開運行動

12月の天使画像 月の守護天使
――天使にまつわる説は多くありますが、ひとりの人間を守護する天使の数は最低でも3名以上。そのほかにも惑星の天使や曜日の天使、時間の天使や季節の天使など、さまざまな天使がいると言われています。
 その中から、今回は「月の天使」に注目してみました。天使が示す開運行動で、毎月の運気アップを目指しましょう!

天使ハナエルが教える12月の開運行動

12月の天使は「ハナエル」

 山羊座の天使でもあるハナエル(Hanael)は、12月の天使です。

 それとは別に、12月生まれの人を守護する天使としてダニエル、ハーシヤー、アウマミヤー、ナナエル、ニタエル、マバーヤー、ポイエルの七天使がそれぞれの期間を守護しています。たとえば「共感の天使」ナナエルは、12月13日~16日生まれの人を守護している天使です。

【開運】天使ハナエルへのお願いのしかた

 12月の天使ハナエルへは、北に向かってお願いごとを口にしましょう。ハナエルはゴールドの光を身にまとう天使。財運もつかさどりますので、財産に関する願いごとを口にするのがオススメです。

 ただ、ハナエルは現実的に物事を考えることを促す天使なので、「宝くじが当たりますように」といった「棚からぼた餅」のようなものはNGですから、気をつけて。それよりも「株の運用が成功しますように」「有望な投資先がありますように」「良い不動産物件が見つかりますように」などの方がいいでしょう。

12月の開運行動

 目標を定めたい時や計画を立てたい時は、ハナエルが側にいるとイメージしながら進めるといいでしょう。財運の天使ですから、もちろん貯蓄の目標を立てるのもいいですね。そして、実際に貯金を始めてみてください。思ったよりも、スムーズに貯めることができるでしょう。

 食べ物では薫製がオススメ。特に松材を使ったものがいいですが、なかなか見つけにくいかも。欧州産のチーズには松材で薫製したものがありますので、ぜひ探してみてください。

 アクセサリーを身につけるならタンザナイト、ブルージルコンが入ったものを。身の回りに使いたいカラーはダークグリーンです。

寄稿者プロフィール
マーリン・瑠菜

小学生の頃に初めてホロスコープを作成したのがきっかけで、占星術に興味を持つ。結婚後、サビアン占星術と出会い占いの勉強を開始。
またサイコテトリス(RV=リモートビューイング)を交えた占術方法を確立して占者として本格的に活動を始める。TV・雑誌等の活動多数。
一時休業し、2008年春から鑑定を再開。2009年秋よりカルチャー北海道にて講座を開講し、北海道初の「ダブルデッキ法公認占術師」・「言魂カード公認占術師」・「薔薇の魔法師」として精力的に活動している。

マーリン・瑠菜をフォローする
月の守護天使連載記事
今日から開運!
タイトルとURLをコピーしました