【バレンタインで開運】2月14日はバレンタインデー!チョコを食べれば恋愛運も○○運もアップ

スポンサーリンク
バレンタイン 季節の行事
スポンサーリンク

 2月14日はバレンタインデー。ご時世的に会社での義理チョコが下火になりつつあるとはいえ、恋人や家族などの親しい人たちには、やっぱりプレゼントしたいですよね。「誰にどんなチョコをあげようかな」と、あれこれ考えている人は多いのではないでしょうか。

 最近は人にあげるだけでなく、自分へのご褒美としてチョコレートを買う人も多いよう。実はチョコレートは、恋愛運アップや金運アップに効く開運フードなのです。今回はバレンタインデーの由来とともに、バレンタインチョコレートで開運する方法を紹介します。

バレンタインデーの起源とは

 バレンタインデーの起源は古く、古代ローマとされています。当時のローマ皇帝クラウディウス2世は、兵士たちに家族ができると士気が下がるという考えから、兵士たちの結婚を禁止していました。
 しかし、キリスト教の司祭ヴァレンティヌスはこの政策に反発し、密かに兵士たちを結婚させていたのです。怒った皇帝は司祭に改宗を求め投獄しますが、それに従わなかったために処刑されてしまいます。

 その後、人々はヴァレンティヌス司祭の勇気ある行動をたたえ、司祭が処刑された2月14日を「聖バレンタインの日」として祈りを捧げるようになりました。もともと古代ローマでは、2月14日は家族と結婚の女神「ユーノ」の祝日として親しまれていたこともあり、この日がバレンタインデーの起源となって、形を変えながら今の時代にまで続いているのです。

バレンタインチョコレートで開運する方法3つ

開運その1.チョコを渡す前に自分でも食ベる

 チョコレートを渡す時は、相手にあげる前に自分でもチョコレートを食べましょう。
 「金」の気を持つ甘い食べ物は、緊張している心を解きほぐす効果があります。特に植物のカカオが入っているチョコレートやココアは対人運を上げてくれるため、うまく自分の気持ちを伝えることができるでしょう。
 高カカオチョコレートはカカオの成分が多く入っているため効果も高くなりますが、必ず甘みを感じるものにしてください。

開運その2.中にお酒の入ったチョコを贈る

 風水では、恋愛運アップには「水」の気を増やすことが大事となります。意中の相手にはチョコレートの中にワインやリキュール、ブランデーなどの液体が入った「チョコレートボンボン」を贈るといいでしょう。水の気が恋愛のムードを上げ、2人の距離が近づきやすくなります。
 お酒が苦手な場合は、ノンアルコールのシャンパンなど炭酸の入った飲み物を一緒に贈るのが◎。

開運その3.金運アップなら「丸い形」「柑橘系」

 チョコレートの原料であるカカオはラテン語で学名を「テオブロマ(神の食べ物)」といい、かつては大変神聖な植物とされていました。当時はとても貴重で、お金の代わりにカカオの実が流通していたそう。
 また風水では、甘いものは「金」の気を持つとされ、食べることで金運にいい効果があります。中でもチョコレートは、お金についているよくない気(金毒)を浄化し、流してくれる効果があるのです。
 さらに金運アップを望むなら、硬貨と同じ丸い形のものや柑橘系の果実を使用したチョコを食べましょう。オレンジの輪切りにチョコがけをしたオランジェットなどは、特にオススメです。バレンタインの時期はいろいろな種類が販売されていますので、お気に入りのものを探してみてください。

(今日から開運!編集部)

タイトルとURLをコピーしました