スポンサーリンク

【夢占いで開運】夢の中の剣は「圧」を感じるものの象徴!剣の夢が暗示することと見た時の開運方法

刀 今のオススメ

 太古の昔から、夢には不思議なパワーがあると信じられてきました。そして、心理学者のユングなどによって夢の研究は進められ、将来への予見や啓示をするものだとされたのです。

 「夢占い」は、夢が暗示することを解き明かしますが、ここでは、夢に出てきたシンボルに注目。例えば、剣をたくさん渡された夢で、一番印象に残ったのが「剣」なら、シンボルは「剣」となります。

 もしあなたが「剣」がシンボルの夢を見たら……その場合の意味と開運をつかむ方法をお伝えします。

【夢占いで開運】剣の夢の意味と、開運をつかむ方法

【開運】剣とは

 剣は、刃がついた長い刀身を持つ武器の一種です。歴史的には戦闘の道具として使われてきましたが、現代ではスポーツや芸術などでも使用されることがあります。また、剣は力と勇気の象徴とされることもあります。

 ここでいう剣は「日本刀」、「サーベル」、細くて長い「レイピア」、幅広の「ブロードソード」など、歴史やファンタジーに出てくるような剣のほか「ナイフ」も含みます。 

剣の夢が暗示することは

 夢の中の剣は、権威・立ちはだかるものを暗示します。例えば、自分の方が惚れた度合いの強い恋愛の相手、仕事の上で自分より立場の強い人、なかなか治らない病気など、圧を感じるモノ・コト・ヒトを表すのです。

 夢に出てくる剣の本数は、その圧の数です。自分が剣を持っていたら、周りに圧を与えている暗示となります。

 剣の夢を見たその日から、圧に打ち勝つ、または圧から逃げる、圧を和らげるために剣を味方につけることができる、以下の開運アクションをしてみてください。

剣にまつわる開運法3つ

剣を味方につける開運法1.簪で髪をまとめる

 圧に打ち勝つには、剣を使いこなさねばなりません。本物を使うと銃刀法違反になりかねないので、代用品として金属製の簪(かんざし)を使います。

 髪をまとめる時に、簪を使いましょう。簪でまとめるのはなかなか難しいですが、それをやりきることで簪のマスターになり、ひいては圧に打ち勝つことができるのです。

剣を味方につける開運法2.刀印を結び十字に空を切る

 刀印を結び、縦横(十字)に空を切ります。刀印とは、ジャンケンの時のチョキの中指と人さし指がくっついた形です。指を刀に見立てるのです。
 邪気を払う護身の秘法であり、立ちはだかる圧を切り裂くことができるでしょう。

剣を味方につける開運法3.石上神宮にお参りをする

 奈良県天理市にある石上神宮(いそのかみじんぐう)。「古事記」や「日本書紀」に登場する歴史ある神社で、物部氏の総氏神という政治的な役割もある古社です。朝廷の武器庫でもありました。

 長い間地中に埋められていた「布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)」と呼ばれる神剣がご神体で、その霊力は計り知れません。
 最上位の剣にお参りをして、剣のパワーを味方につけましょう。

【DATA】
石上神宮
奈良県天理市布留町384