スポンサーリンク

【開運うるツヤ髪】人気ヘアスタイリストが教える!ブラッシングで健やかな髪を保とう

ブラッシングする女性 美容ケア

 前回、シャンプー後における「洗い流さないトリートメント」の重要性を教えてくれた、ヘアスタイリストの水越さん。でも、自宅で「うるツヤ髪」をつくるためには、実はまだ重要なものがあるのです。それは「ブラッシング」!

 風水では、常に潤いとツヤのある髪を保つことが運気アップにつながるとされます。今回は、行うことでメリットいっぱいの「ブラッシング」の効果について、詳しく伺いました。

ブラッシングすると、いいことがいっぱい!

 皆さん、髪のブラッシングは毎日行っていますでしょうか?
 コテやアイロンの出現、美容室でのストレートパーマや縮毛矯正の技術の進歩により、昔よりブローという技術が求められなくなり、クシで梳かすこと(ブラッシング)に必要性をあまり感じられていない方も多いと思われます。でも、ブラッシングをすることで得られるメリットは、実はたくさんあるのです。

ブラッシングによる髪へのメリット3つ

その1.髪の毛についた汚れを落とせる

 髪を拡大鏡で見てみると、必ず細かいホコリや花粉、スタイリング剤などが付着しています。クシやブラシで梳かすことにより、それらの細かい汚れを落とすことができ、見た目もしなやかでまとまった感じになります。

その2.頭皮の血行促進

 肩や首がこるのと同じように、頭皮にも「こり(血行不良)」が発生します。毛根は新鮮で勢いの良い血流から栄養をもらっていますから、ドロドロとした血が流れる血管からは栄養を十分に補給することができず、抜け毛・毛髪の乾燥・張りのない細毛の原因になってしまうのです。

 しかし、髪を梳かすことで適度なテンション(ひっぱり)がかかり、頭皮に刺激を与えることができます。刺激で頭皮のこりをほぐして血流を良くすれば、毛髪にも栄養が回っていき、健康な髪を保てます。毛穴付近の立毛筋が活性化し、髪の根本が立ち上がるのです。

その3.油分が均一化する

 頭皮の毛穴からは、超天然の油分が分泌されます。「それって、脂っぽくなるってこと?」とつい思ってしまいますが、この油分はバリヤー効果が期待できる、人体にとって必要なもの。ただ、根元に溜まってしまうと根元がベタつき、毛先が逆にパサつく原因になってしまいます。
 そこで、ブラッシングの出番です。髪を梳かすことで根元の油分が毛先にいきわたり、均一化を図ることができます。

効果的な髪の梳かしかたは?

 クシよりはブラシの方がオススメです。力が広い範囲に分散され、柔らかく梳かせます。

 まずは、中間部分から毛先を優しく梳かします。この時に絡まるようでしたら一度手を止めて、そこを優しくほぐしてあげましょう。無理矢理ほどくのは禁物です。
 クシ通りが良くなったら根元の方へ移動して、また毛先まで梳かします。その後、頭皮へのほど良い刺激を堪能しながら、全体をブラッシングしていきましょう。
 お風呂上がりのブラッシングでしたら、洗い流さないトリートメントなどを毛先につけて、クシ通りを良くしてから行うといいでしょう。

 日々のちょっとした心がけで、豊かな「うるツヤ髪」をつくることができますので、ぜひ試してみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました