スポンサーリンク

【新月の開運行動】7月29日は獅子座の新月!心がワクワクするような楽しいことを始めてみて

新月 満月・新月

7月29日は獅子座の新月

 7月29日の新月は、夜の2時55分頃に獅子座で起こります。
 獅子座は太陽を守護星に持つ星座。正義感に溢れリーダー気質があり、人生の主役は自分であることを大切にしながら明るく元気。そして、無邪気な部分がある星座と言われています。

 今回の新月は、ラッキースターである木星とトライン(調和)しています。木星は拡大発展する働きがあるので、獅子座の持つ楽しもうとする姿勢やワクワクしたい気持ちを大きく広げます。
 また、獅子座の向かいにある星座は水瓶座。とても個性的で、自由を大切にする風の星座として知られています。この水瓶座の「自由でありたい」という力も、今回の獅子座の新月をバックアップ。
 そのため、7月29日は自分にとって楽しめること、ワクワクするようなことをスタートさせるタイミングと言えるのです。

7月29日の新月にするといい、オススメの開運行動

 自分自身が楽しめることを始めてみましょう。気になっていたけれどまだ始めていなかった趣味にGOサインを出したり、新しいファッションや髪型に挑戦するのもOKです。獅子座は火の性質の星座でもあるので、ソロキャンプデビューをして焚き火をしてみるのも◎。バーベキューや花火でもいいですが、火を眺めるのがポイントです。
 また、新月は自分の内面を見つめることにも適しているので、ロウソク瞑想をするのもいいでしょう。ロウソクのゆらゆら揺れる火を見つめながら、内観をしてみてください。いずれの場合も、火の始末はしっかり行いましょうね。

 獅子座は太陽の星座でもあるので、日光浴もオススメです。日程的に海などに行くのが難しいなら、大きめの公園や自宅ベランダなどで日光浴するのも◎。ただ、日焼けしすぎないように気をつけて。童心に帰って遊園地で遊ぶのも開運につながります。

 食べ物で開運するなら、フランス料理を。これは「太陽王(le Roi Soleil)」と言われたルイ14世がフランスの王であることが理由ですが、夏の暑さで食欲が出ないこともあるでしょう。そんな時はオレンジや蜂蜜など、太陽をイメージするような色の食べ物や飲み物を選んでみてください。

 アクセサリーを身につけるなら、新月から48時間以内にダイヤやゴールド、ラインストーンなどを使ったものがオススメ。猫やライオンがモチーフの小物などを持つのも有効です。また、部屋にひまわりの花を飾るのも開運アクションになります。

寄稿者プロフィール
マーリン・瑠菜

小学生の頃に初めてホロスコープを作成したのがきっかけで、占星術に興味を持つ。高校の頃にタロットカードと出会い、学園祭で初鑑定を行った。
結婚後、サビアン占星術と出会い占いの勉強を開始。またサイコテトリス(RV=リモートビューイング)を交えた占術方法を確立して占者として本格的に活動を始める。TV・雑誌等の活動多数。
一時休業し、2008年春から鑑定を再開。2009年秋よりカルチャー北海道にて講座を開講し、北海道初の「ダブルデッキ法公認占術師」・「言魂カード公認占術師」・「薔薇の魔法師」として精力的に活動している。

マーリン・瑠菜をフォローする
全体運満月・新月連載記事運気別
今日から開運!
タイトルとURLをコピーしました