【梅雨どきの開運】家の中の○○を取りのぞいて運気アップ!レイングッズにもこだわってみて

スポンサーリンク
梅雨 今のオススメ
スポンサーリンク

 夏の前に必ずやってくる「梅雨」。ジメジメしてすっきりしない天気が続くこの時期は、気分も暗くなりがちですよね。

 風水では、火は「陽」の気、水は「陰」の気を持つとされます。水=雨の多くなるこの時期は陰の気が増えるため、陰陽のバランスが崩れて運気がダウンしがちです。良くない水の気(水毒)がたまると、イライラしたり落ち込んだりすることが多くなる場合も。

 とはいえ、「恵みの雨」という言葉もあるように、雨は私たちにとって必要なもの。今回は、雨が多くなるこの時期をポジティブにとらえて開運につなげるべく、梅雨どきにするといいこと3つを紹介します。

【開運】梅雨の時期にするといいこと3つ

その1. 家の中の湿気を取りのぞく

 梅雨の時期は、当然ながら家の中も湿気が多くなりがちです。曇りの日や晴れの日は必ず窓を開け、風通しを良くしておきましょう。雨の多い日は、エアコンのドライ機能や除湿器などを使って、快適な湿度を保つようにしてください。

その2. 濡れた傘や靴は家に入れない

 濡れた傘や靴は玄関の外、ベランダなど雨のかからない場所に一旦置き、家の中に湿気を持ち込まないようにしましょう。そして合間の晴れの日には、必ず太陽の光をあてて乾かすことが大切です。
 太陽には邪気を払うパワーがあります。濡れたものだけでなく、この機会に布団なども干しておきましょう。

その3.レイングッズにこだわる

 素敵な傘やレインシューズなどを購入し、モチベーションを上げましょう。
 雨が降ると、何をするにも億劫に感じてしまいがち。でも、気分が上がるようなレイングッズを使えると思うと、喜んで出かけたい!とはならなくても、少しは重い腰が上がりやすくなるはず。

 傘は黒やグレーなどの暗い色ではなく、白やピンク、イエローなどの明るいものを選びましょう。柄物なら、ドット柄が特にオススメです。ビニール傘などの安価なものは金運がダウンしてしまうので、避けてください。

タイトルとURLをコピーしました