スポンサーリンク

【映画の日で開運】映画の持つ華やかなパワーで運気アップしよう!恋愛なら情熱的なラブロマンスを

映画のチケットとポップコーン 季節の行事

 毎年12月1日は「映画の日」です。この日は映画が割安に鑑賞できることもあり、比較的多くの人に知られている印象がありますね。師走の忙しい時期ですが、そんな月の初めに好きな映画を観ることで、豊かな気持ちで年末を迎えることができるはず。

 今回はそんな映画の日の由来と、この日に観るといい映画のジャンルを欲しい運気別に紹介します。

映画の日とは

 日本で最初に映画が一般公開されたのは、1896年(明治29年)11月25日~12月1日。神戸の「神戸倶楽部」にて上映されたのですが、当時は現在のようなスクリーンに映す鑑賞方法ではなく、エジソンが発明した「キネスコープ」と呼ばれるものを一人ずつ覗き込んでいたそうです。

 この一般公開から60周年とされる1956年、映画文化や映画芸術、映画産業の発展を図ることを目的とした一般社団法人「映画産業団体連合会(映団連)」の総会で、日本における映画産業の発祥(日本初の有料映画公開)を記念する日として、この会期中の中でいちばんキリのよい12月1日を「映画の日」としました。

 映画の日は、映画を劇場で観ることの魅力を多くの人に知ってもらうことを目的とした日。この日にちなみ、毎月1日は映画のサービスデーとして入場料が割引となります。
 また、毎年開催される「映画の日」中央大会では、記念式典とともに長年にわたり日本映画に貢献してきた人の表彰や、その他名作の上映会やトークショーなどのイベントも行われます。

欲しい運気別・映画の日に観るといいジャンル3つ

恋愛運アップ……情熱的なラブロマンス

 九星気学でいえば、映画そのものや映画館、劇場などは「九紫火星」の気を持っています。九紫はとても華やかで勢いがあり、まさにスターのように注目を集める有名人の星です。
 そんな九紫のパワーを得て恋愛運を上げるには、情熱的なラブロマンスを観るのがオススメ。特に、ステイタスの高い相手とご縁を結べる可能性が高くなるでしょう。

仕事運アップ……主人公が出世するサクセスストーリー

 九紫には「地位」「名誉」「昇進」という意味もあります。仕事運をアップさせたい人は、主人公がどんどん成功して出世していくサクセスストーリーの映画を観るといいでしょう。あなた自身も、昇進や昇給のチャンスを得られるかもしれません。
 女性であれば、同時に美しい女優さんの衣装やメイクなどを楽しめる映画も吉。仕事運とともに美容運も上げてくれます。

才能を開花させたい……アーティスティックな映画

 さらに九紫は「芸術家」「アーティスト」「俳優」「モデル」など、美術や芸能関連にも縁がある星です。才能運を上げるパワーを得たいなら、おしゃれな街で単館上映しているような、アーティスティックな映画を観るのが◎。好きな芸術家やアーティストの自伝的映画もオススメです。

タイトルとURLをコピーしました