スポンサーリンク

【新月の開運行動】8月27日は乙女座の新月!夢や目標にワクワクするような「名前」をつけてみて

新月 満月・新月
――月の満ち欠けは、昔から人間の心身に少なからず影響を与えるとされてきました。月と太陽が重なる「新月」は、月が太陽に隠れて視えなくなりますが、 満月に向かって姿を現すことから、物事をスタートさせる好機と言われています。
 ただし、新月のパワーが最も高い状態で働くのは最初の8時間とされています。よって、新月に入ってから8時間以内、遅くても49時間以内に開運行動をするのがオススメです。

8月27日は乙女座の新月

 8月27日の新月は17時17分ごろ、乙女座で起こります。
 何よりも注目したいのは、今回の満月が一粒万倍日と重なっていること。新月は新しく始めることへの後押しパワーがあり、一粒万倍日は一粒が万倍に増えると言われている吉日。今回の新月は、この2つの力が相乗効果をもたらすのです。

8月27日の新月にするといい、オススメの開運行動

 今回のポイントは、「土」の星座である乙女座で新月になること。乙女座は、堅実に計画を立てて目標に向かって努力ができる星座です。そして、計画通りに進んでいくことを好む傾向もあります。

 さらに今回の新月をサビアンで紐解くと、シンボルは「妖精の夢を見る男」。日頃思い描いていること、考えていることなどを伝えたり、表現することを表しているシンボルです。

 このサビアンシンボルと乙女座での新月であることをふまえると、開運行動は「夢や目標などに名前をつけること」となります。
 たとえば「夢のマンション購入大計画」「行くぞ!美的センスを磨く憧れのヨーロッパ旅行」「外国語取得で世界中の人と友達に!」など、やりたい物事に対してワクワクできる計画名をつけてみてください。手が届かないと思える夢でもより身近に、具体的に感じられるでしょう。

 また、今回の新月は人間関係を現す第7ハウスで起きます。ここから導き出されるのは「夢や目標を叶えるために新しい人間関係を構築する」こと。
 たとえば海外旅行が夢なら、いろいろな国籍の人がいるコミニティに参加する、資格取得を目指しているなら、同じ目標を持つ人が集う勉強会に参加する……ということをしてみてください。すでに資格を取得している人に会って、経験談を聞いてみるのもオススメです。

 開運フードは梨、りんごです。季節の食べ物を取り入れることは開運の基本ですから、一足先に秋の味覚の梨やりんごをぜひ食べてみてくださいね。

 そして、身につけたいパワーストーンはサファイア。ファッションに取り入れたいカラーはピンクです。柔らかな色合いが、夏の疲れを癒してくれるでしょう。スカーフやハンカチ、ストールなど小物でいいので、ぜひ取り入れてみてください。

寄稿者プロフィール
マーリン・瑠菜

小学生の頃に初めてホロスコープを作成したのがきっかけで、占星術に興味を持つ。高校の頃にタロットカードと出会い、学園祭で初鑑定を行った。
結婚後、サビアン占星術と出会い占いの勉強を開始。またサイコテトリス(RV=リモートビューイング)を交えた占術方法を確立して占者として本格的に活動を始める。TV・雑誌等の活動多数。
一時休業し、2008年春から鑑定を再開。2009年秋よりカルチャー北海道にて講座を開講し、北海道初の「ダブルデッキ法公認占術師」・「言魂カード公認占術師」・「薔薇の魔法師」として精力的に活動している。

マーリン・瑠菜をフォローする
全体運満月・新月連載記事運気別
今日から開運!
タイトルとURLをコピーしました