スポンサーリンク

【開運アイテム】時計は気の流れを整えてくれる優れモノ!置くなら丸い○○時計がベスト

壁掛け時計 開運インテリア
――「開運はしたいけど、インテリアに影響が出そう」「いくら運気アップのためでも、部屋にアヤしいものは置きたくない……」という人は多いはず。でも大丈夫! 日頃なにげなく使っているアイテムでも、開運を意識して置けば開運につながります。ぜひお気に入りの一品を探して、お部屋に取り入れてみてくださいね。

なぜ「時計」を置くと運気アップできるの?

 時間を知りたい時に便利な時計。現在はさまざまな形のものがあり、インテリアのアクセントになるようなオシャレな時計も多いですね。ただ、スマホなどの普及により、家に掛け時計や置き時計がある人は減っているかもしれません。

 実は風水では、時計はいい運気を運んでくれるアイテム。特に秒針のあるアナログ時計は常に針が動いているため、気の流れを良くしてくれる作用があります。
 形は丸いものがオススメです。「丸く収まる」という言葉があるように、丸い形は物事や人間関係の調和を表します。材質は木製や陶器製など、温かみのあるものがベスト。金属製でもOKです。時計は五行でいう「木」の気を持つアイテムですから、「火」の気の強いプラスチック製は避けたほうがいいでしょう。

「ココ」に置くと、さらに開運パワー増!

 場所は玄関、もしくはリビングがいいでしょう。家の「気の入口」である玄関に配置することにより外から入ってきた気が整い、流れがスムーズになります。また、その場に落ち着きを与えてくれるので、くつろぎの場所であるリビングもオススメです。

 時計は部屋の「東側」、できれば目線より高い、見上げるような位置に掛けるか置くかしてください。東は「発展」「成長」を表し、音の出るものと相性が良い方位。特に秒針の音や音楽、ベルなどが鳴る時計を置くことで運気が上がり、吉報が届くようになります。

 ただし、壊れた時計や電池切れの時計は放置しておかないように。時計が止まっていると気の流れも止まるため、運気が停滞していってしまいます。針が遅れたり動かなくなったりしたら、すぐに電池の入れ替えや修理、処分などを検討しましょう。

(今日から開運!編集部)

タイトルとURLをコピーしました