スポンサーリンク

【新月の開運行動】9月26日は天秤座の新月! 内なる自分と対話をして無意識の領域にアプローチを

新月の風景 満月・新月
――月の満ち欠けは、昔から人間の心身に少なからず影響を与えるとされてきました。月と太陽が重なる「新月」は、月が太陽に隠れて視えなくなりますが、 満月に向かって姿を現すことから、物事をスタートさせる好機と言われています。
 ただし、新月のパワーが最も高い状態で働くのは最初の8時間とされています。よって、新月に入ってから8時間以内、遅くても48時間以内に開運行動をするのがオススメです。

9月26日は天秤座の新月

 9月26日の新月は06時55分ごろ、天秤座で起こります。
 サビアンシンボルで天秤座3度は「新しい夜明け、全てが変わった」。あれよあれよと流されてしまうほど「事態の変化が目まぐるしく、大きなチャンスが訪れる可能性」を伝えるシンボルです。

 さらに、今回の新月は金星や水星とコンジャクション(0度)、木星とはオポジション(180度)。専門的になるので詳しい話は省きますが、リラックスする暇を感じないほどの慌ただしい運気の変化がありそうです。

9月26日の新月にするといい、オススメの開運行動

 今回の新月は第12ハウスで起きます。12ハウスは「隠されたものや目に見えないもの」「無意識」「気づきや悟り」「夢や睡眠に関すること」などがテーマのハウス。そして天秤座のテーマは「私は調和する」です。そのため、9月の新月では無意識の領域を意識して調和させる(バランスを取る)ことが大切になるでしょう。

 忙しさにかまけてチャンスに気がつかないのは、とてももったいないこと。瞑想などをして、内なる自分と対話するように意識をすることで、本当にやりたかったことに気がつけるはずです。
 そのほか、寝具を新しくするのも開運行動になります。睡眠の質を上げることは身体を休めることにも、気力を高めることにもつながるでしょう。

 また、新しく契約する事柄があるなら、しっかりと確認することをお忘れなく。新月から2日間がオススメですが、ボイドタイム(9月28日の1:19~8:14の間)は外してくださいね。

 開運フードはリンゴや梨、栗など。前回に引き続き、秋の味覚を堪能するのがオススメです。

 パワーストーンを身に着けるなら、サファイアを。ファッションにはピンクやグリーンのカラーを取り入れましょう。

寄稿者プロフィール
マーリン・瑠菜

小学生の頃に初めてホロスコープを作成したのがきっかけで、占星術に興味を持つ。高校の頃にタロットカードと出会い、学園祭で初鑑定を行った。
結婚後、サビアン占星術と出会い占いの勉強を開始。またサイコテトリス(RV=リモートビューイング)を交えた占術方法を確立して占者として本格的に活動を始める。TV・雑誌等の活動多数。
一時休業し、2008年春から鑑定を再開。2009年秋よりカルチャー北海道にて講座を開講し、北海道初の「ダブルデッキ法公認占術師」・「言魂カード公認占術師」・「薔薇の魔法師」として精力的に活動している。

マーリン・瑠菜をフォローする
全体運満月・新月連載記事運気別
今日から開運!
タイトルとURLをコピーしました