【3月3日はひな祭り】大人でも開運できる!女の子のお祝いパワーで恋愛運アップ

スポンサーリンク
ひな祭り 季節の行事
スポンサーリンク

 子どもの頃にはなじみのあったひな祭りも、成長して大人になってしまうと、だんだん自分とは関係ない行事のように思えてきてしまうもの。女の子のお子さんがいる家庭でなければ、ひな祭りとは疎遠になっていくのも仕方のないことでしょう。
 でも、ひな祭りは大人の女性にとっても大変縁起がよく、特に恋愛運アップには最適の日なのです!

 今回はそんなひな祭りの由来と当日に食べたい行事食、そして恋愛運を上げるためにひな祭りにするといいこと3つを紹介します。

ひな祭りとは

 ひな祭りは女の子の健やかな成長と幸せを願って、毎年3月3日に日本全国で行われる行事です。旧暦の3月3日に桃の花が咲くこと、桃が魔除けや厄除けの効果を持ち、桃の花をお酒に浸した「桃花酒(とうかしゅ)」が飲まれていたことから、「桃の節句」とも呼ばれます。

 もともと中国で行われていた「御節句(ごせっく)」という行事のひとつ、「上巳節(じょうしせつ)」が由来です。この日は川や水辺で身を清める、いわゆる「厄払いの日」で、自身の穢れを移した人形を水に流すという習わしがありました。それが日本に伝わり、紙などに厄を移して川に流す「流し雛」となったことが、ひな祭りのルーツとされています。
 現在のような、雛人形を飾る風習が根づいたのは江戸時代。職人による人形作りの技術が発達し、雛人形が美しく立派になったため、川に流すものから家に飾って大事にするものへと変化していったそうです。

【開運】ひな祭りに食べたい「行事食」

 ひな祭りのお祝いには、色とりどりの料理やお菓子が並ぶ家も多いでしょう。そのような季節の行事やお祝いに食べる特別な料理を「行事食」といいます。
 ひな祭りの行事食で代表的なのが「ちらし寿司」。ひな祭りには直接関係がないものの、たくさんの具が入ったちらし寿司はその1つ1つにも意味があるとされ、縁起ものとしてお祝いの席で重宝されます。
 また、はまぐりを入れたお吸い物も行事食です。2枚の貝殻がぴったりと合わさることから、はまぐりは夫婦和合の象徴とされています。女の子の良縁成就を願った、ひな祭りには欠かせない食材と言えるでしょう。

 さらに、ひし餅や雛あられ、白酒など、お菓子やお酒を食す風習もあります。
 ひし餅は緑、白、ピンクの順で3段に重ねられた、ひし形のお餅です。使用されているそれぞれの色に意味があり、「母親と女の子が健康に過ごせるように」という願いが込められているとのこと。
 雛あられは、ひし餅を細かく砕いてあられ状にしたものが元となっています。貴族の間で、雛人形に春の風景を見せるという「雛の国見せ」という風習があり、その際にごちそうとして持参したお菓子が、雛あられなのだそう。
 白酒は、古代中国で上巳の節句に飲まれていた「桃花酒」の代わりとして、江戸時代あたりからつくられるようになったお酒となります。桃花酒は日本には薬酒として伝わったため、米や麹でつくられた白酒が好まれたようです。

恋愛運アップのためにひな祭りにするといいこと3つ

開運その1. 雛人形と一緒に、ひな祭りのお菓子を飾る

 ひな祭りは、もともと女の子の良縁成就を願う日でもあります。雛あられやひし餅など、ひな祭りのお菓子を食べるのももちろんいいですが、3月3日までは「雛人形と一緒に、お菓子を飾る」ことをおススメします。
 風水では、恋愛運をアップさせるには「陽」のエネルギーが必須とされますが、雛あられやひし餅など、ひな祭りのお菓子はピンクや白、薄い緑など「陽」の気を持つパステルカラーを使ったものが多いのです。雛人形は3月3日より前に飾り始めるのが一般的ですから、ひな祭りの当日まではお菓子を飾り、恋愛パワーをみなぎらせましょう。

開運その2. 桃や桃の入ったものを食べる

 古代より、桃は魔除けや厄除けの効果のある神聖な食べ物とされてきました。そのルーツからわかるように、ひな祭りは、お祝いの日であると同時に厄除けの日でもあります。
 桃は、特に女性に関わる気を浄化してくれると言われるフルーツ。桃や桃の入ったものを身体に入れることで、邪気払いの効果が期待できるとともに、人間関係や恋愛の悪縁を断ち、新たな運気をもたらしてくれるでしょう。
 フレッシュな桃が手に入らない場合は、桃のスイーツや桃缶、ドライフルーツなどでもOKです。またピーチリキュールなど、アルコールと一緒に摂ることで浄化の作用が高まります。

開運その3.生花を飾る

 もともとひな祭りには桃の花を飾る習慣がありますが、必ずしも桃でなくても大丈夫です。
 生花は女性の運を上げるのに最適なアイテムですから、お気に入りの季節の花を飾ることで女子力がアップし、恋愛にいい効果をもたらします。できれば雛人形の横に飾り、ひな祭りのパワーと併せていい運気をいただきましょう。

(今日から開運!編集部)

タイトルとURLをコピーしました