【2022年金運アップ】36年に1度の最強金運パワーを上手に取り込もう!

スポンサーリンク
がま口と財布 2022年開運術
スポンサーリンク

 2022年は十二支で最強の運勢とされる「寅年」と、九星の中で最強のパワーを持つ「五黄土星」が合わさる、36年に一度の「五黄の寅」の年です。
 寅とは、動物の「虎」のこと。「虎は千里行って千里帰る(虎は一日に千里を走り、千里戻ってくることができる)」ということわざから「出ていったお金が戻ってくる」といういわれがあります。そのため寅年、しかも五黄の寅である2022年は、金運に良い影響がある年とされているのです。

 また、2022年は寅年の中でも「壬寅(みずのえ・とら)」の年。壬寅には「何かが新しく始まり、育っていく」という意味があります。五黄の寅の力強い運気の波に乗り、新しい物事を始めるべく自分から積極的に動いていくことが、金運アップの秘訣となるでしょう。

【開運】2022年、金運アップのためにするといいこと3つ

開運その1.必要だと思ったら素直にお金を使う

 不安が多い時代、「お金を貯めておかなければ」と考える人は多いでしょう。しかし2022年は、貯蓄ばかりにこだわると逆に運を下げてしまいます。衝動買いなどは控えるべきですが、自分に必要だと思ったら素直にお金を使ってください。
 また、買い物をする際も「お金が足りない」「これしか買えない」など後ろ向きに考えるのはやめましょう。お金を使うことをポジティブにとらえ、豊かなイメージを持つことで金運が上昇していきます。

開運その2.財布を新調する

 先にもお伝えした通り、2022年は「五黄の寅」という、金運に良い寅年の中でも最強運気の年。そのご利益にあやかるため、春の季節である1月~4月までの間に財布を新調しましょう。
 春に購入する財布は「春=張る」に通じ、お財布がお金でパンパンに張る様子をイメージさせます。天赦日や一粒万倍日、寅の日など、縁起のいい日を調べてその日から使い始めることで、お財布にも2022年の金運が宿るでしょう。

開運その3.お得な情報を見逃さない

 五黄の「土」の気を持つ2022年は、少しずつ物事を育てていくことに向いている年。チラシやネット、SNSで買い物のたびにお得情報を確認したり、コツコツとポイ活を続けたりなど「チリも積もれば山となる」行動をすると、金運が上がりやすくなります。
 「いちいちポイントカードを出すのが面倒くさい」という人は、還元率の高いキャッシュレス決済で支払いをするのもオススメです。「得した」「お金が戻ってきた」というポジティブな気持ちが良いお金の気を生み、金運を良い方向へと導いていきます。

(今日から開運!編集部)

タイトルとURLをコピーしました