スポンサーリンク

【2023年仕事運アップ】長い食べ物がラッキーな年!ランチにはみんな大好きな「○○」を選んで

仕事イメージ 2023年開運術

 2023年は、九星気学でいうところの「四緑木星」の年となります。四緑木星の象意は、「風」「流れ」「出入り」など。柔軟でゆるやかな動きを表す星です。

 風は、あらゆるモノやヒトをつなぐもの。仕事もまた、モノやヒトがつながることによって生まれます。
 その象意につながる、四緑木星と縁のある職業は、流通業、運送業、旅行業、木に関連する職業など。象意から派生して、スパゲッティ屋さんやお蕎麦屋さん、繊維業など長いものに関連する職業、結婚相談所や人材派遣、コンサルティング、各種サロンなど、人と人をつなぐ職業があります。
 また、駅や空港、サービスエリアなど、ハブとなる場所が仕事場ということもあるでしょう。

 2023年は交友関係を広げ、よい人脈をつくることが鍵となる年です。四緑木星の意味を持つ職業や仕事場に関わる時はもちろん、仕事をする際はぜひ人とのつながりを大事にしてみてください。その上で以下の仕事運開運法を実践すれば、さらに運気が上がっていくはずです。

【開運】2023年、仕事運アップのためのポイント3つ

開運その1.木製のオフィス用品を取り入れる

 四緑「木」星ですので、木がラッキーアイテムとなります。木の中でも細い枝や若木ではなく、年輪を重ねた大樹を原材料としたものがラッキーアイテムです。木の机や椅子を使いたいところですが、総入れ替えが難しい場合は、デスクまわりの小さな棚など、一部でいいので木を取り入れましょう。

 手軽なところでは、鉛筆がラッキーアイテムです。紙も木からできてきますので、2023年はスマホやタブレットより、紙と鉛筆を優先するといいでしょう。

開運その2.ランチは「麺」!

 仕事といえば、ランチ! ランチを楽しみに日々のお仕事を乗り越えている人も多いのではないでしょうか。2023年、仕事運をアップさせるランチは、ズバリ「麺」です。ラーメン、スパゲッティ、焼きそば、うどん、蕎麦。ぜひランチの一軍にしてください。

 麺以外でも、長い食べ物全般がラッキーとなります。魚ならうなぎ、あなご、さんま、太刀魚。野菜ならネギ、長芋、水菜。また、風に乗って拡散するというところから、香りが強い食材もラッキーに。香辛料の効いたカレーやエスニックがオススメです。

開運その3.リアルな出会いを

 2023年は意識せずとも縁が広がる年ではありますが、せっかくお声がかかっても、参加しなければ縁は広がりません。実際に足を運んで会う機会があるならば、それを大切にしましょう。

 相手が遠方にいるなど、実際会うことが難しい場合はメールやSNSに頼ると思いますが、2023年はもう一歩踏み込んで「電話」でやり取りすると、仕事運がアップします。
 ITを介してのやりとりは便利ですが、熱が伝わりにくいのです。嬉しさや怒りを感じることが、縁を強いものにしてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました