スポンサーリンク

【9月の旬食材】季節のものを食べて開運しよう!秋の味覚・サンマの細長い形は○○運アップに◎

サンマの炭焼き 開運フード
――運気アップの方法はいろいろありますが、「旬のものを食べる」というのも効果的な開運行動のひとつ。その時にしか出回らない食材を食卓に取り入れることで、季節に合った必要なパワーが満たされ、いい運気が回りやすくなります。オススメの旬食材を日々のメニューの参考にして、どんどん運気を上げてくださいね!

【開運】9月の旬食材

「旬(しゅん)」とは

 四季がはっきりと分かれている日本には、食べ物に「旬(しゅん)」があります。旬はその食材によって異なりますが、自然の中で野菜や果物などの作物を収穫したり、魚がたくさんとれたりする時期です。収穫量が多いので通常と比べて安価になりますし、栄養価の高い美味しいものが手に入りやすくなります。

 旬の食材にはその季節に身体が必要とする成分を満たしているものが多く、食べることで健康の維持にも役立ちます。日本人が昔から旬のものを食べる習慣を大事にしてきたのは「安い、美味しい、健康にいい」ということが大きいでしょう。

なぜ「旬」のものを食べると開運できるの?

 風水では、運は「変化により生まれるもの」とされます。同じように、毎日の食事に旬を取り入れて変化を与えることで、豊かさや楽しみという「ゆとり」が生じ、運気が上がっていくのです。そのため、毎日同じものばかり食べるのは風水的にはNGとなります。
 また、旬の時期は食材がいちばんいい状態で収穫されるので、栄養価とともに食材のエネルギーも最高になっています。その食材の栄養と運気の両方を、ほぼマックスの状態で取り入れることができるのです。

9月に食べたい! オススメ旬食材3つ

開運食材その1.栗

 収穫の季節、秋の代表的な食材のひとつである栗。「勝ち栗」とも呼ばれ、勝負運を上げる縁起の良い食べ物として親しまれています。また、黄色いほくほくとした栗の実は、金運アップのための最強フード。季節のうち一度は旬の栗を使った料理を食べて、豊かな運気を呼び込みましょう。また、栗のスイーツは恋愛運アップにも効果があります。

開運食材その2.しいたけ

 秋に出回るイメージが強いしいたけですが、春と秋の年2回。春のしいたけは「春子」と呼ばれ、豊かなうまみを持っています。また、秋のしいたけは「秋子」で、豊かな香りが特徴です。しいたけをはじめとするきのこ類には、自分自身の基盤を固めて発展させていく運気があります。食べることで自分をしっかり持てるようになり、自信がつくでしょう。

開運食材その3.サンマ

 秋の味覚の魚として有名なサンマは、9~10月頃に旬を迎えます。脂質であるDHAやEPAをはじめ多くの栄養素が多く含まれており、健康や美容にも良い食材として知られているでしょう。風水的には、サンマのような青魚には健康運や仕事運アップの効果があるとされています。またその細長い形から、芸能運や芸術運の上昇も期待できるでしょう。

※その他の9月の旬食材
【野菜】かぼちゃ、さつまいも、さといも、まつたけ、まいたけ、チンゲン菜 など
【果物】すだち、ぶどう、キウイ、いちじく、りんご、西洋梨 など
【魚介】ほっけ、銀だら、カツオ、サケ、太刀魚、いくら など

タイトルとURLをコピーしました