スポンサーリンク

【吉方位で開運】8月の吉方位は「北」!ひんやり涼しい水族館を訪れて水のパワーを味方につけよう

水族館のイルカ 吉方位
――「吉方位」とは、その人にとって良い運を呼び込んでくれる方位のこと。吉方位に足を運んだり、吉方位を活用して物事を行ったりすることで、開運へとつなげることができます。
その月の吉方位に関連した開運スポット、開運フード、開運アイテムなどを知って行動すれば、さらなる運気アップが目指せますよ!

 8月は身体を休ませ、自分自身を見つめることが幸せを呼び込みます。体の疲れを癒し、邪気を払うなどデトックスを心がけてください。余裕のあるスケジュールを立てれば、より良いスタートが切れるでしょう。

8月は「北」の方位を活用しよう

 吉方位は「北」。一白水星に影響を受けるとともに、五行では「水」の要素を持ちます。「冷静」「努力」「健康」などを表し、エネルギーを蓄え芽吹きを待つ方位です。

 今月は北の位置に同じ一白が巡るため、一白水星の影響が顕著に表れる月となります。北を活用することで、困難を乗り越える力を養うことができるでしょう。水のパワーにより、貯蓄運や愛情運も上がっていきます。

【開運スポット】「水族館」に出かけよう

 8月の開運スポットは「水族館」。今月は水にまつわる場所が運気を上げてくれるため、水中にいる魚を見ることができる水族館は、運気アップにもってこいとなります。自宅から北にある水族館を探して、ぜひ訪れてみてください。
 また、一白には「暗い」という象意もあるため、できるだけ暗い館内の水族館を選ぶのがオススメです。お茶やジュースなどを飲んで水分補給をこまめにすると、さらにいいでしょう

 訪れる時は、服や持ち物のアクセントとして黒色を取り入れてください。さらに、現地で黒いインクのペンを購入して使うと、後輩や部下からの信頼が厚くなるでしょう。

【開運フード】食事は鮮魚を使ったメニューをチョイス

 食事をするお店は、地下街やあまり照明が明るすぎない所を選ぶのが吉。北は愛情を深める力がある方位なので、本命の相手や恋人と行くといいでしょう。恋愛成就や復縁の可能性が高まります。

 開運フードは「鮮魚」お刺身を醤油につけて食べるか海鮮丼がオススメです。ソフトドリンク、お酒などの飲み物は忘れずに注文してください。

【開運アイテム】自宅には「ガラス製のオブジェ」を飾って

 水の気が強くなるので、自宅は暖色のカーテンなどで明るい雰囲気にするといいでしょう。仕事や趣味など、集中したいことがあれば部屋の北側で行うか、北の部屋があればそちらにこもると成果が出やすくなります。
 また、北の方位には「水」の要素を意識したアイテムを置くのがオススメ。とくに良いのは「ガラス製のオブジェ」です。

 自炊をする場合は、ネギと醤油を添えた「冷ややっこ」を食卓に追加しましょう。さらに、常備食としてイカの塩辛やお漬物を用意しておくと、8月の運気をより良い形で取り込むことができます。

タイトルとURLをコピーしました